パーカッション隊のボス、ティンパニー担当の幸西さん。人間的大きさと優しさ、力強さを持った、“ボス”にふさわしい人です。(若かりし頃、さかんにPRISMコピーをしていたそうです!びっくり!)。



大太鼓、チャイナゴング、etc…担当の“たっちゃん”です。めっぽう明るくて、面倒見が良く、飲み会等では必ず食べ物・飲み物の注文役をも務めてくれます。



マリンバ、ベル、etc…担当は、“はつ”。ムクイヌみたいな感じで、ホワーンとした空気の持ち主でいながら、明るくて楽しくて、人なつっこい!初めて会った…って気がしない女の子。




スネア、ジャンベ、ボンゴ、etc…担当の“もっちゃん”。驚くべき酒豪!ある日、みんなで飲んだ帰りの事、ホテルでのタクシー待ちの最中、路上でいきなり僕の髪の毛を両手ではさんでもみくちゃにしながら一言、「もぢゃ毛(げ)!」と言いました。かなりのツワモノです。



僕の似顔絵。東フィルのスタッフ、なべさん作!すごいでしょ?よく出来てるでしょ?ソックリでしょ?構図もよく考えられているなぁ。最高!ブーツの網目がミッキーになってます。この“ミッキー・ベース”、ヤマハで作ってもらおうかなぁ。無理だろうなぁ…。



リハーサル風景。どう?真面目にやってるでしょう?



コンダクターのブラッドと彼のご家族。左に息子さんのD.J、右に奥様のキャレン。



ヴォーカルのエリックと一緒に。彼は2007年の結婚を期にショー・ビジネズから脱退する事に…。従って今回が彼にとっての最後のD.O.Cになりました。3年間、D.O.Cの期間中だけという、いわば“期間限定”の交流だったけれど、とてもそうとは思えない深い友情をわかち合う事が出来ました。本当にありがとう、エリック!



新潟から大阪への移動は、こんな小さな飛行機…。本当に怖かった、物凄い揺れで!



ものすごい揺れる中、座席に備え付けの“○○袋”を広げて、ジャケットの胸のあたりに挟み込み、「オレは準備OK!」ってふざけてる、ヴォーカルのスコット。彼のジョークは実に楽しいものばかり。



かたや、結婚間近のエリックとブライスは、飛行機が揺れ出すと…エリックがブライスに何かささやきかけて…キスを…これを繰り返していました。エリックの思いやりが男らしい!本当に仲のいいカップルです。



ホテルの部屋から望む沖縄の海。







那覇空港。ここも沖縄らしいたたずまい







浜松…と言えば“うなぎ”。これは“二段重”。上から、うなぎ〜ごはん〜うなぎ〜ごはん、って盛られている例のヤツです。この日は昼に“ひつまぶし”、夜に“二段重”と、うなぎだらけの一日でした。




コンサート・マスターの青木さんを中心に、1st VIOLINの6名。



2nd VIOLINの4名。



VIOLAの4名。クセモノぞろいです!




今回はハプニング(?)もなく、至極平穏無事だったCELLO隊の4名。


以上のストリング・セクションはみんな芸達者!もちろん楽器のプレイに関しては最高の方々ですが、それ以外の意味で芸達者!

自分のカメラでの写真は以上です。残念なのは、木管、金管セクション、キーボード・セクションの方々を写していなかった事です。ごめんなさい!後日、スタッフの方々が撮られた写真のデータを頂ける事になっていますので、次回彼らフィーチャーしたいと思います。