むかって左側に和央ようかさん。右側に共演の花總まりさん。
これまでに、大地真央さん、安寿ミラさん、黒木瞳さん、峰さを理さんなど、宝塚出身の方々と御一緒しました。皆さん本当に気さくな方々です。そして今回の和央さん、花總さんのお二人も全く同様で、今回初めてお会いしたとは感じられませんでした。凛とした中にすがすがしさが溢れる、本当に魅力的なお二人でした。



ギターは旧友の大久保(明)。彼とは、とにかく気が合うんです。自然に一緒になっちゃう。だから仕事も楽しく進められました。



ドラムスは長谷部君。THE SQUAREでの活躍で皆さん御存知でしょう。特に彼のキックとスネアの位置は僕のフィーリングにピッタリ!で、本当に気持ち良くプレイ出来ました。


木管、金管隊のボス(だと僕が勝手に決めたのですが...)のトランペット、岸さん。僕も地声の大きさにはかなり自信がありまあすが、岸さんは僕の2倍以上の大声の持ち主です。風貌そのままの、実に大らかな人です。