胡蝶蘭の病気について

胡蝶蘭は、その可憐な佇まいから、お祝い事があると欠かせない花の一種です。
柔らかなシルクのような花びらばかり見惚れていると、胡蝶蘭の病気に気が付かない可能性があります。
胡蝶蘭は、直射日光に弱い性質以外は、比較的丈夫なのですが、それでもやはり病気にかかる事もあります。
そこで、ここでは胡蝶蘭の病気を早く発見できる方法と、その対処法をお伝えしたいと思います。

カビが原因の炭疽病

もしも、胡蝶蘭の葉に黒い斑点が出てきて、それが次第に大きくなったら、まずはこの炭疽病を疑いましょう。
斑点の内側が褐色から灰色になる事もあります。
なぜ、このような病気になるのかというと、それはカビが原因だからです。
風当たりが悪い場所や、陽当たりがない場所に胡蝶蘭を置いておくと、炭疽病になる可能性があります。
もしも、胡蝶蘭が炭疽病になったのなら、病気に侵された部分を切り、カビの病気に効果のあるダイセン系の薬を塗りましょう。

胡蝶蘭ギフトを贈るなら事前にこちらをご覧ください。
また、こちらのサイトも参考になります。

葉が黄色く変色したら、立ち枯れ病

胡蝶蘭の葉が黄色くなっていると、葉焼けを真っ先に考えると思うのですが、原因はそれだけではありません。
フザリューム菌が原因で起こる立ち枯れ病です。
これらの見分けかたは、とても簡単です。
もしも、葉が黄色に変色し、白っぽくなっていたら、葉焼けの症状です。
これは、直射日光に当たった事が原因なので、陽当たりが良く、直射日光に当たらない場所を選びましょう。
ですが、もしも急に葉が黄色くなったり、どんどん葉が下へと落ちてしまうという時には、立ち枯れ病の可能性があります。
原因は、溜まった水滴などが原因でフザリュームというカビが発生した為に陥る病です。
そして、万が一根まで感染していたら、その部分は切り除き、植え替えをするのが必要です。

異臭がしたら軟腐病

軟腐病は、放置すれば他の胡蝶蘭にも影響があり、全滅してしまう可能性もあります。
そして、この病気の原因は細菌なのです。
そして、この病気を発生した部分はブヨブヨと柔らかくなります。
そこに軟腐細菌が入っています。
この細菌は、乾燥すれば風に乗って飛んでしまいます。
そして、万が一この病に気付かずに水をかけてしまうと、その水によって近くの胡蝶蘭に感染してしまいます。
もしも、胡蝶蘭がこの病に感染したら株ごと処分するのが望ましいです。

花弁に小さな斑点が出たら、灰色カビ病

もしも、胡蝶蘭の美しい花弁に小さな褐色の斑点が出て、更にその小さな点が大きくなるようでしたら、まずはこの灰色カビ病を疑いましょう。
そして、この症状が出たら花は廃棄処分にしましょう。
この病気の原因はボトリチス菌が、胡蝶蘭の花弁の表面に付着した事が原因です。
そして、この菌の原因は空気中の湿度が飽和状態の時に起こりやすいものです。
一斉に胞子が飛び、胡蝶蘭の花弁へと侵入してしまいます。
ボトリチス菌に感染しない為には、まずは湿度を下げる事です。
除湿器を置いて、常に湿度が100%にならないように心がけましょう。

白い粉状の物が付着したら、コナカイガラムシの寄生

葉の裏を見た時に、もしも白くてフワフワした物が付着していたら、それはコナカイガラムシの寄生が原因で起きたかもしれません。
コナカイガラムシは、花や葉の養分などを吸い取る害虫です。
もしも見つけたら、すぐに害虫駆除剤を撒きましょう。
この時に、早く剥がれて欲しいと思うあまり、付着した部分を擦ってしまうという事がありますが、これは避けなくてはなりません。
なぜかというと、擦った事が原因で、葉を傷つけてしまうからです。
害虫駆除剤を撒いたなら、後は静かにコナカイガラムシが剥がれていくのを待ちましょう。

葉にツヤがなかったは葉ダニを疑う

細菌、葉にツヤがないという時には、葉ダニを疑うべきです。
特に梅雨明け等には、高温になったり、乾燥したりして、葉ダニが発生しやすくなります。
葉ダニを見つけた場合は、薬剤よりも水をかけた方が効果はあります。
これを2~3日繰り返す事が必要です。

花弁の淵が黄色くなったら、アザミウマの寄生

そして、高温が続く時期に、花弁の淵が黄色くなってきたら、それはこのアザミウマが寄生してしまった事から始まります。
この、アザミウマという害虫寄生すると、花や蕾を傷めてしまいます。
そして、このアザミウマはタンポポにいる事が多いので、もしも温室の側にタンポポが咲いていると言うことなら、まずはタンポポを駆除することから始めましょう。

蕾がいつまでも開かない時は、アブラムシに注意

高温の日々が続くと、胡蝶蘭の花弁などにアブラムシが寄生している可能性が高いです。
特に、蕾が落ちてしまう。
いつまでも蕾が開かないという時には、このアブラムシの寄生を疑いましょう。
水を吹き掛けたり、テントウムシを使うというのも良いですか。
テントウムシは、アブラムシを食べてくれるだけではなく、胡蝶蘭には害を及ぼしません。
安心して、使う事が出来ます。

大切な胡蝶蘭を守るには、日頃から常に気を付けておく事が大切です。