開業のお祝いで胡蝶蘭を贈った体験談

普段から花をプレゼントする習慣も無いですが、友人が飲食店の開業を行うという事で、開業祝の定番として胡蝶蘭を贈った事があります。

周りのアドバイスから胡蝶蘭が適している聞いて、胡蝶蘭を選択したのですが、胡蝶蘭には幸福が飛んでくるといった花言葉があるのです。

鉢植えに胡蝶蘭をプレゼントすると、鉢植え自体に根付くという意味合いがありますから、開業した店舗が幸福に繁栄して根付く事を願っての贈り物になります。

胡蝶蘭は見た目の美しさや高級感からも、店内を華やかにしてくれる面がありますし、胡蝶蘭の特徴としては枯れにくい上に花粉も香りも少ない事からも、飲食店に設置しても邪魔にならないものです。

さらに季節問わずに手に入れる事が可能であり、年中作られる花ですから、開業時期の季節関係無く簡単に手に入れる事が可能になっています。

様々な適切な要因から胡蝶蘭を選んでプレゼントしたのですが、いきなり送るのもどうかと感じて、まずは店舗がオープンする前に友人同士の軽い打ち上げみたいなものに行きました。

その時に店舗の広さ等をチェックして、開店日等の予定も聞いて、流石に開店した日に届くように手配してしまうと、何かとバタバタとして忙しいでしょうから、少し余裕のある日取りを決めて届けるようにしたものです。

胡蝶蘭はただ漠然と選んで贈れば良いというものではなく、一般的には開店や開業祝いにおける相場が2.3万程度と言われており、タブーも知っておかないといけないのですが、花を購入する時にアドバイスも貰えるので、実際の店舗で購入が安全ではあります。

購入するまで解っていなかったのですが、ラッピング等では赤の色を選ぶ事はタブーであり、これは火を連想させるという事からそうなっているものです。

ですから胡蝶蘭を開業祝いで送る際には、赤いラッピング等を避けて、白い胡蝶蘭が鉢植えにあるものが無難ですし、店舗や事務所の名前が入ったものを贈る事が望ましいと言えます。

とにかく開業と言うのはこれからの船出になり、まっさらな船出には白色がおすすめですし、花粉等が飛ばない胡蝶蘭は開業等のお祝いだけではなく、事務所や病院等への贈り物としてもふさわしい花です。

メッセージカードも添えて贈る事も出来ますので、忌み言葉や否定的な表現を使わずに、前向きな言葉を添えるようにしました。

胡蝶蘭はネットショップ等でも購入可能であり、事前にメールで状況や贈る相手を告げてアドバイスを貰うのも有効ですし、実際の店舗で花屋に聞くと安心してふさわしいものを贈れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です